脳内は小宇宙。

吉川が気づいたことを語るブログ

ブルース・リーの哲学に学ぶ。

ども、ぱか吉です。

 

吉川は映画の、香港アクションが好きです。

 

特にブルース・リーが好きです。

 

ブルース・リーって体つきがかっこいいし、

 

アクションシーンも見とれるほど迫力、キレがある。

 

ですが、

 

ブルース・リーはもう一つの顔があります。

 

 

それは思想家・哲学者なんです。

 

ブルース・リーには数々の名言があります。

 

その中でも、

 

これは!

 

と思ったものを3つシェアします。

 

◼︎身体的なことであれなんであれ、自分のやることすべてに常に

限界を設けていると、それは仕事と人生にまで広がってしまう。

限界などない。あるのは停滞期だけだ。そこに留まっていけない。

その先に進まなければならない。

 

 

◼︎知るだけでは不十分だ、実際に応用しなければならない。

意志があるだけでは不十分だ、実行しなければならない。

 

 

◼︎友よ、

形を捨てて

水のように

水をカップに注げば、水はカップになり、

水をビンに注げば、水はビンとなる

そして急須に入れれば、急須になる

水は流れることも、砕くこともできる

友よ、水になるんだ。

 

最後のは、心を柔軟にしておくこと

の大切さを水に例えたものですね!

 

では!