いつもここからブログ。

ココロにスキマを、そのスキマからステップアップできる人生へ。

毎日のたった15分で人生に影響を及ぼしたこと。

ども、こんにちは!

ぱか吉です。

今考え事をしていてふと、

「10代のときに身につけたことってなんだろう?」

と考えていました。

しばらく考えて、、一つありました。


それは、

【読書】です。

ぼくの母校では、読書習慣がありました。

朝、必ず15分、好きな本(活字に限る)を持ってきて

読んでいました。


それまでは活字など読みませんでした。

その朝の読書時間で最初に読んだのが、

イチロー 勝利の方程式】でした。

当時野球をやっていたおいらにとって、

イチローがなぜあんなにすごい記録を

打ち立てることができるのか

気になっていました。


この機会に読もうと。

読んでみるとこれが面白い!


それからというものの、

その著者が考える【思想】

に興味を持つようになりました。

いろいろ読みましたし、

一番はじめに読んだイチローの本も、

同じクラスの野球部の子に貸したり。

それもめっちゃ喜んでくれた。


友達がモテる本とか持ってきてたので、

それも借りて読んでた。笑

当時さすがに本屋で買うの恥ずかしいと思ったので。(⌒-⌒; )


読書の愉しさを知って以降、もう

おそらく1000冊以上読んだし、

自分の思考にインスピレーションを与えてくれたりもした。

読書したおかげで色々な事業を手がけている人や、

色々なジャンルの本を読むと興味を持ち出し、
それがきっかけで趣味が増えたり、
またその共通の趣味の人に出会えたり、

読書すると語彙が増えるので、
仕事での提案や、プレゼンで生かせたりと

人生全体で影響を与えてくれた。


たった15分の朝の読書習慣が

今に至るまで影響を与えてくれるとは、

習慣恐るべし。


まとめ■■■■■■■■

10代に身につけたことを考える。

15分で毎日何ができるか、

それによって人生がどう影響を与えるのか、想像してみる。


想像はタダだからね( ^ω^ )


■■■■■■■■■■■